住宅ローンにかかる費用、、、節約って可能なの?

イイ感じを覚える事ができる住宅ローンとは

住宅ローンのメリットは、とにかく資金を捻出できる点です。せっかくマイホームを購入したいと思っても、資金を捻出できないのでは、非常に哀しい思いをする傾向があります。

ところがそのローン商品を利用すると、融資を受ける事ができるので、憧れのマイホームを購入する事ができるのです。それで女性によっては、それがとてもイイと思っている場合があります。

女性の中には恋愛をしている方も見られますが、上記のようなマイホームの購入成功に伴って、普段以上にビューティーに力が入る方も見られます。マイホーム購入成功により、気持ちが高揚する事によって、メイクなどにも力が入る訳です。ですので女性にとっては、住宅ローンはメリットが大きいとも言えます。

ただし審査などには注意を要します。住宅ローンを申し込む時の審査の段階で、既に多数行から借りている女性の場合は、残念ながらお断りになるケースも見られるからです。それではイイ気持ちになるのも難しくなってしまうので、できれば他の銀行の借り入れ件数などは減らしておくと良いでしょう。

 

住宅ローン控除により賃貸よりはコストが低くなる事も

給与所得者の方々は、しばしば賃貸にするか持家にするかでお悩みです。どちらもそれぞれメリットがある訳ですが、その職業の方は、しばしば賃貸を考えています。賃貸の方が、トータルの維持コストが低くなるとの考え方があるからです。しかし住宅ローン控除などを考慮すると、そうとも言えない一面があります。それどころか、むしろ賃貸よりもお得になる場合があります。

確かに出費などを考慮すると、購入物件は少々高めに見えるかもしれません。しかし前述の控除という制度を考慮すれば、むしろコストを抑えられる事もあるのです。ですので、賃貸よりは販売物件を選ぶ方々も少なくありません。なお上記の住宅ローン控除などに関する情報は、様々な公的機関などでダウンロードをする事も可能です。

中にはかなりお得になる情報などもあるので、公的機関の各サイトなどには目を通してみるのも良いでしょう。それにより、後々の出費なども抑えられる傾向があります。

 

住宅ローンを組む時に重要なのが金利

住宅ローンを組む時に重要になってくるのが金利でしょう。特に新築を購入する時は3000万円以上するので住宅ローンも25~30年をかけて組む場合が多くなります。25~30年かかってしまうと金利に関しても少しの差額で利息が大幅にが変わってきます。

それと同様に支払額も大幅に変わってきてしまい場合によっては200~300万円変わってくるケースもあります。そのため住宅ローンを組む時は金利を見比べながら慎重に選んでいかなければいけません。現在は金利の上下が激しいので固定金利と変動金利はどちらがいいのかというのはかっきり分かりません。

住宅ローンを組む人で調査したところ変動金利で借り入れをしている人の方が多いと言われています。変動金利でおすすめなのがソニー銀行とイオン銀行で金利設定は若干ソニー銀行の方が低いのですが、イオン銀行はイオンでの買い物が5%OFFとなる特典などもあるのでイオン銀行を利用している人が多いです。変動金利で借りる場合はソニー銀行かイオン銀行のどちらかにするといいでしょう。”

 

住宅ローン借り換え大作戦を成功させる!

住宅ローン借り換え大作戦を成功させる!なら、当然いまよりも金利が低くなる必要がありますが、金利だけで選んではだめです。

金利が低いといっても事務手数料がかかりますので、それを考慮した上で検討する必要があります。銀行のホーム ページ上でも大雑把ではありますが、シュミレーションができるので利用してみるのが一番です。借り換えをするということは登記など手間暇もかかるので、最 低でも100万以上の利ざやがでるようにしたいものです。

それだけの利ざやがあるのであれば住宅ローンの借り換えを検討する価値ありですが、それ以外にも注意することがありますので、よく確認する必要があります。

保証料という名目でお金を取られる場合もありますので注意が必要です。

住宅ローンを利用した時に加入しているはずですが、団体信用保険にも注意が必要です。通常の住宅ローンなら保険料込みなのですが、フラット35の場合は別途となっていますので、注意する必要があります。

そして繰上げ返済が可能かどうかも重要です。これも一度経験があるはずですが、繰上げ返済の手数料は無料が当たり前となっていますが、金融機関によっては手数料が発生するところもありますので、よく確認する必要があります。

考えることがいろいろ出てくるので大変だと思う人もいるでしょうが、それだけの価値はあるはずです。

これから何年もその銀行と付き合いするわけですので、他人事ではなく自分のことと意識してよく調べて借り換えをすることが大切です。